ウリ信用組合 > 当組合について


経営理念

当組合は同胞たちの知恵と資金と団結によって設立された民族金融機関として相互扶助の協同精神に基づいた金融事業を通じて組合員の事業の発展と社会的地位の向上に寄与し地域社会と共存共栄することを基本理念とします。


当組合概況

平成28年3月末現在
所在地〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目4番70号
設立年月日1965年8月30日
開業年月日1965年9月8日
預金残高906億円
融資残高491億円
出資金18億円
組合員数11,122人
自己資本比率12.35%
役職員数83人
店舗数9店舗
営業地区北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県

沿革

当組合のあゆみ
1962年9月北海道同胞商工人を中心に、組合設立発起人会が開催される
1965年9月8日民族金融機関としての「朝銀北海道信用組合」設立
1975年11月10日北海道朝鮮信用組合に名称変更
1983年10月1日北海朝鮮信用組合に名称変更
1989年10月1日朝銀北海信用組合に名称変更
1999年9月13日朝銀北海信用組合、朝銀岩手信用組合、朝銀秋田信用組合、朝銀福島信用組合が対等合併し、朝銀北東信用組合に名称変更
2001年11月26日朝銀青森信用組合、朝銀宮城信用組合の事業譲受
2002年12月2日郡山支店を福島支店に名称変更
2002年12月9日会津支店、平支店を福島支店に統合
2004年2月9日ウリ信用組合に名称変更
信組情報サービス㈱(SKC) へオンラインシステム移行
2012年10月29日宮城支店を東北支店に名称変更
岩手支店、秋田支店、青森支店を岩手出張所、秋田出張所、青森出張所に支店種類を変更
2015年2月17日山形県営業地区の拡張

組合組織図

組織図

PAGE TOP